2006年01月28日

マスコミの在り方。

「堀江さんが捕まって
マスコミはまるで
幼児殺害事件の犯人のように
耐震偽造問題に関わった人たちのように
扱った。
確かに堀江さんは
悪いことをした。
でも、
マスコミはそれまでは
時代を変える風雲児のように
時代の救世主のように扱った。
まるで、一日で手のひらを返すように
まったく逆の扱いを行なった。
ヒドい。」


こういう主張をする人が実に多い。
何を今さらというのが僕の主張。

マスコミは以前はホリエモンをもてはやしていたのに事件が起こるとコロっと手の平を返すというけれども、そういう人に言いたい。
じゃぁマスコミは今回のような(多分法律違反だといえるような)状況でホリエモンを擁護せよというのですか。別に俺はマスコミを擁護するわけでも何でもないけれども、彼らは自分達の利得のために素直に動いているに過ぎない。ホリエモンを取り上げて、もてはやしていれば視聴率はとれた。またそれを喜んで見ている茶の間がいた。要するに、別にマスコミはホリエモンが好きで、もてはやしていたわけではない。お茶の間が視聴してくれるので、それに合わせるようなカタチで放送していた。それで今回の事件である。手の平を返すのは当然だ。これを擁護するとなるととんでもないマスコミを持った国である。恐ろしい。そもそも、マスコミに冒頭のような批判をすることくらいアホくさいことはない。彼らはそういうものなのだから。
マスコミ、メディアに妄信、盲信的な人ほどそういう主張をする傾向がある。お釈迦様の手の平の孫悟空のようにマスコミの手の平に、まさに乗せられているということも知らずに。

posted by さぶろ at 00:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12378537

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。