2006年01月15日

☆有頂天ホテル★

2時間あったら何ができるだろう?

文庫本なら一冊読めるかもしれない。
テスト勉強もしょうもない科目なら可能である。
カップヌードルが40回作れるし、うどんの権兵衛でさえ24回サイクルだ。
笑っていいとも見て、ごきげんよう見て、情報特急便を見ていると2時間。
新幹線乗ると2時間乗ると東京から滋賀くらいまで行ける。
スプラッシュマウンテンの待ち時間も2時間くらいか。

2時間の過ごし方は人それぞれだ。


別に他人に2時間の過ごし方を強制しようなど、これっぽっちも思っていない。
しかし、しかしだ。
今日ばかりは言わせておくれ。
強制ではないが、強烈にオススメ。






行ってきました。

THE 有頂天ホテル
uchoten_index.jpg


三谷フリークは必見だし、
正月明けでちょっと気分が乗らない人も是非。


笑いが満載なのはもちろんだけど、メッセージ性もアリ。
松たか子が昔の恋人に言うセリフと、
香取慎吾が西田敏行に歌う唄のシーンは胸にグッとくる。



いつもだけど、50%の尊敬と50%の悔しさ。
三谷幸喜はやりたい放題してるし、全体としてのメッセージ性は三谷による庶民のわれわれへの挑戦状、いや挑発のような気もする。



GOING MY WAY........

それができるのは一握りのヒトだけ?




爆笑問題の太田がスタメンという番組で言っていた。

「大学時代僕が1年の時、三谷さんが4年でした。(日芸大学)
よく舞台に誘われたけど、一回も行きませんでした。
行ったら面白いのに決まってるけれども悔しくて行きませんでした。
僕はというと大学時代ひねくれていて、何をしたらいいかわからず、教授の悪口を言いまくったりして、嫌われていました。三谷さんは活躍しているのに。
以来この構図は変わっていません。常に三谷さんは僕のはるか上にいます。
悔しいので、有頂天ホテルも絶対見てやるもんか。」



この気持ち凄いわかります。






でも、やっぱりごっつオススメなので講義なんか行かないで映画館に足を運んでください。



ではでは。
posted by さぶろ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11748676

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。