2006年03月31日

知の晩餐会

引越してやっとネットがつながったので、久しぶりに。


今日はゼミの勉強会でした。

これからの日本の経営学者を背負っていくであろう?三品和弘先生の『戦略不全の論理』という300ページにもわたる大作を議論しました。

目からウロコが沢山あり、色んな人の考えがわかり、大学院生のMさんと先生には相変わらず感心させられ、思考重視の一日となりました。

書きたいことが多すぎて、だからやめておきますが家に帰ってもう一度見返して、なるほどと思った部分があるので引用。
別にこの本の論点でも何でもないのですが。。



ポーターの核心は、経済学に由来する「構造」という抽象概念を平易な言葉へ翻訳したことである。経済学上の「構造」の実体は需要曲線と供給曲線と競合企業数である。ポーターはこのうち需要曲線と供給曲線の形状を「川上業界の競争力」と「川下業界の競争力」に読み替えて、競合企業の数を「業界内部の競争圧力」と「参入の圧力」と「代替品の圧力」に広げて解釈したのである。その上で、2種の交渉力と3種の圧力を合わせて、収益を侵食する「5つの力」と銘打った。



なるへそ★



いやぁ、スッキリ。

寝ようと思う。
posted by さぶろ at 23:45| 東京 ☀| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。